特集 第4回 レアルエキップフェスティバル FUN PEOPLE PHILOSOPHY Event inside column 挑戦 スーパーモタード! ウーマンズリーグへの道
挑戦 スーパーモタード! ウーマンズリーグへの道
HOME

バックナンバー

    

第3回
★目指せ! Women’s league!!〜How to MOTARD〜革ツナギ編〜★

By RITZ

■見た目が大事!?革ツナギを買うぞ!

 モタードを始めるのに必要なものといえば革ツナギ。最初はプロテクションをしっかり装備したオフウェアでもいいのだけどやっぱりサーキットでは、革ツナギがお勧めです!私の中では必須アイテムのひとつ。なぜなら、初めてモタードをした時に、実は早々にスリップダウンで転倒。アスファルトを滑っていく間にオフ用のグローブはズタズタになりました。運良くかすり傷で済みましたが、こういう時に革ならグローブに傷はついても体は守ってくれます。柔な女の子?の肌ですから、しっかり守りましょう!!
 というわけで、新しい革ツナギを買っちゃおうと思います♪まず、どこで何を買ったら良いのだろうというのが悩みの種です。買うのは初めてだし、なかなか価格も高いので失敗はしたくない。という訳で今回は、お話しを伺うために大阪にあるREAL EQUIPのサポートメーカーでもあるTAICHIさんのショップにお邪魔してきました。

TAICHIの直営店はウエアはもちろん、バイクやパーツ、小物と品揃えが豊富です。


■メーカー直営店OR量販店?

今回お世話になったタイチの藤本さん。レース活動もしているので的確なアドバイスで頼もしいです。

 「すみませ〜ん!ツナギが欲しいんですけど…」とお店に行く場合、いったいどこに行ったらいいんでしょう? ちょこっと探りで何店か回ってみてもレディスサイズを展示しているところはとっても少ないです。しかも、初心者なので専門的な事をズラズラ言われても困る…。そんな私の悩みに答えてくれたのはTAICHIの藤本さんです。「量販店といっても革ツナギに対して、それぞれ得意、不得意な部分があると思うんですね。パーツに強いところもあれば、うちのようにメーカー直営店のところではレザースーツは看板商品ですから、それについての知識は深く持っています。でも、他のショップでもスタッフの中で実際にレースをしていてなどで知識もあり、具体的なアドバイスを出来るところもあるんです。なので一概に専門店だからとか量販店だからと線引きは出来ないですね。それよりも、レザースーツって見た目も大事だけど、それ以上に感覚も大事なんです。例えば、お客様が試着をした時に革の張り具合を見てお客様がきっとこんな風に感じているんだろうなということがわかるスタッフとわからないスタッフがいるんです。で、たいてい初めてツナギを買う方はこれが動きやすいし、ちょうどいいからと緩めを選んでしまうんです。

それを見て「もっとコチラの方が適していますよ」とか、ひとつサイズダウンしたものを着てもらい、その革の張り具合で本当にキツイのかどうか客観的にみて判断できるスタッフがいるところがいいですね」。ふむふむなるほど!ということはやはり、実際に試着をさせてもらいスタッフの対応をみた方がよさそうです。 早速、私も試着させていただきました。


■ロード用ORモタード用?革ツナギに種類はあるんですか?

 「やはりロードレースとモタードでは、基本的なライディングスタイルが違うので、裁断パターンが違うというのは確かにありますね。ただ、うちの場合はフレックスパネルという伸縮する素材があって、ほとんどの人がレーシングスーツで大丈夫という人が多いので、うちではロード用、モタード用として分けてはいません。ERAL EQUIP所属の金児選手、山下選手も、変更箇所なくライディングに支障ないと言っていました。ただ、人によってもっと胸の幅を広げたいなどのリクエストがあればそれに答えることはできます」。なるほど!ちなみに価格に差があるのは何故ですか?「コストの違いは革の質・強度・プロテクションの有無で変わってきます。ナイロン面が多いものとか、革が硬いなど実際に着た時に自分がどう感じるのかというのが大切です。体を守るためのものなので、ライディングに支障がないもの、快適なものを選んだ方がいいですね」

   
このページの上部へ戻る

■さっそく、試着です!

 まず、ツナギの下には、モジモジ君のようなメッシュのアンダスーツを着ます。コレを着ると、汗をかいてもツナギの脱ぎ着が楽にできるし、革と接する面も滑らかなので隆太先生曰く「コレなしではツナギは着られない」そうです。私もモジモジ君を着て、試着してみました。少しキツメを選んだ方が良いとはじめに聞いていましたが、どのくらいキツイのがいいのかがわからない(笑)。自分で判断できないので、藤本さんに聞いてみると「まず基本はライディング姿勢がとれるかどうかを確認して、他にパッドが入っている部分が当たって痛くないか、お腹を膨らませてみてしっかり呼吸が出来るかなど感じてもらいます。

細かく採寸してもらえると安心します。

そして、見た目も大切で、テンションがピンと張っているものは、やはりキツイので、客観的にみて判断する基準としては、最近のものはベンチレーションが開いているので、そこを見てテンションがかかっていなければ真円になっています。でも、テンションがかかっていると楕円になっているのでそこを注意してみてください。見る場所は、胸やお腹、太ももあたりを見てください。後は直立姿勢でキツイと判断しないことです。必ずライディング姿勢で判断してください。

チームレアルエキップの左が山下マー選手と金児隆太選手。かっこいいでしょ?ツナギが…(笑)

それと『キツメ』というのは、初めての人が着た時のフィーリングの言葉なので、本当にキツイものを選んではダメですよ」。というわけで、私も着てみましたが着慣れないと、着るのが大変…。きっと大きいのを着ても私にはキツイと感じるでしょう…。しかし、ゆとりをもって大きめ『大は小を兼ねる』という言葉はここでは、失敗する原因になってしまうそうです。なぜなら、大きいとライディングポジションをとった時に革があまって邪魔になったり、しわの部分は弱くなりやすいので、革が切れてきてしまったりと良いことはないのです。やはり、初めてだと判断が難しいので、お店の人に見てもらった方が安心です。それでも、着るのは自分なので、自分の要望、着た感じなどを遠慮なく伝えた方がいいです。後は、セミオーダーという形で自分に合わせたものを選ぶしかないですね。そして、背中にネームを入れるなどのカスタムを希望する場合は早めにオーダーが必要です。しかもシーズン直前などは込み合うので、ゆとりを持ってオーダーしよう!! 


■グローブやブーツはどんなものがいいですか?

 女性が意外と悩むのがグローブ。最近はだいぶサイズバリエーションが増えてきたけれど、それでも微妙に指先に革が余ってレバーが握りづらいって事が多々あります。基本的には好みで選んでOKという事ですが、安全面を考えるとレーシンググローブがいいみたい。後は、手にはめてみてフィット感が良いものを選べばOK。ちなみに指先が微妙に長くて余るという場合は、TAICHIさんの場合、グローブの種類によってはグローブの指先を自分サイズにカットしてくれます。例えば人差し指を5ミリカット、小指を7ミリカットなど…。ちなみにお値段は1箇所500円です。

指先もしっかりチェック!細かいところも見逃しません!

そして、最後にブーツです。モタードといえばオフロードブーツ!でも、これもピンキリでいろいろとあるので迷います。私は、今まで林道ツーリングなどが多かったので、ブーツはトライアル用を使っていました。なんといってもやわらかいので、ギアチェンジも楽だし、山の中を歩いても歩きやすい。しかしモタードで使うとなるとプロテクションが少ない分安全面が心配です。というわけで、迷っているところに「でーん」と現れたのが、アルパインスターのレディス用TECH6。レディス設計なので、ブーツの長さなども通常に比べて短めになっています。色バリエーションも他のものと違い、思いっきり私好みなので思わず「コレもください!」と言ってしまいました…。
 私が買うものはもう決めてしまいましたが(笑)、他にどんなブーツがあるのかをお聞きしたところ、「ブーツもライディングスタイルや好みもあるので一概にこれがベストとは言い切れませんが、モトクロススタイルの人にはTECH8が好まれ、ロードスタイルの人はTECH10を選ぶ人が多いです。しかし、初めての人はTECH3の方が、乗りやすさ、軽さ、使いやすさからして良いと思います。走りのレベルに合わせてブーツも選んでいった方がいいです。サイズはツナギとは逆にぴったり過ぎるものよりは、ゆとりがある方を選んで、ブーツソックスやインナーなどを使って合わせた方がフィット感がでます。これも好みがあるので、きちんと試しに履いてから決めた方がいいですね。」なるほど!でも、私はレディス専用のTECH6にします!(^-^)
 すでに気分はワクワクです。買い物って楽しいですね〜。後の支払いが怖いけれど(笑) 出来上がりはまた次回! お楽しみに!


左の2枚:レディス専用で、膝下の長さをみると、ブーツの丈が少し短めなのがわかる。
ブーツ左がTECH8で右がTECH10。ソールの形が違いTECH10のが丸みを帯びている。
スライダー付のブーツもあるけれど、これは好みの問題かな…。


   
このページの上部へ戻る
SITE MAP Copyright (C) 2007 Trial promotion All Rights Reserved.