特集 第4回 レアルエキップフェスティバル FUN PEOPLE PHILOSOPHY Event inside column 挑戦 スーパーモタード! ウーマンズリーグへの道
Event inside column
HOME


バックナンバー

   

REAL1(ワン)ダフルな人たち Vol.4

今回は、一年に一度、二日間思いっきりバイク三昧で遊べるイベント「レアルエキップ フェスティバル」の特集です♪

■泥んこレース?2時間エンデューロ!

8月4日・5日は、オフロードコースもサーキットも両方を思いっきり走れるイベント「レアルエキップ フェスティバル」が開催されました。1日目は2時間エンデューロレース。そして、2日目はサーキットをメインにした耐久モタードレースが開催されました。

 今回は1日目に行われた2時間エンデューロレースで見つけたワンダフルな人を紹介しちゃいます。

 エンデューロでは、私は計時係り。周回してきたライダーを一旦止めてゼッケンを読み上げます。単調ですが超重要な仕事なんですよ。その中で見つけたワンダフルな人は、まずはゼッケン3番のJBSレーシングの内山勇二さんと内山和明さんのペア。

 終始元気がよく、計時のところに停まると大きい声で「3ば〜ん」と叫んでいきます。

 昨日の雨の影響でかなり泥んこコースらしく、戻ってくるライダーのゼッケンは時折泥で隠れてわかりません。お水とブラシで泥を落としてゼッケンを読み上げる場面も多々ありました。それを見ていたせいか内山さんは周回チェックのところにくると手でゼッケンを拭き拭きして見やすくして、そして叫びます!!
  「3ば〜ん」。

 計時の近くで応援していた子ども達も一緒につられて叫びます!「3ば〜ん」!! そう、周回ごとに皆で「3ば〜ん」って言うのが楽しみになりました。そして、子ども達からも「お兄ちゃん、かっこいい!!」の声が…。

 だんだん、疲れがでて後半はつらくなるレースですが、時間が経つたびに「3ば〜ん」を皆で叫ぶと元気になれる気がしました。そんな、内山ペアはワンダフルなライダーに認定♪


とってもとっても元気な内山選手です!

■ レディスライダーも頑張りました!

 エンデューロといえばかなりハードなモータースポーツです。泥まみれになり、スタックすればバイクを押したりと男性でもヘロヘロになります。そんなレースに可憐な女の子ライダーも参加しています。
  印象に残ったのは、ゼッケン67番の辻田佳奈子選手。マシンには仲間からの励ましのメッセージが直接マジックで書いてあり、YZ85を駆る彼女はコンスタントに周回を重ねていきます。

 疲労が見えはじめる後半でも、淡々とした走りで15周を快走。29位でフィニッシュしました。

 なぜか、彼女が周回チェックに来るとホッとします。女の子は自然と場を和ませるパワーを持っているんですね。なかなか周ってこないときにはちょこっと心配にもなったりします。

 チェッカーフラッグを受けた時にはこっちまで嬉しくなっちゃいました! 頑張ったな〜って!!(頑張ったのは佳奈子選手ですが…笑)


仲間で楽しんで走っているというのが
伝わってきました♪

   
このページの上部へ戻る

 

■ 子ども達にも人気 イケメンライダー!

 

 内山選手同様に、子ども達がワクワクと待っているライダーがもう一人。

 ゼッケン76番の瀬戸マシュー選手。

 オフロードヘルメットで目の辺りしか見えなくてもイケメンとわかるくらいのイケメンライダーです♪

  周回チェックでは、きっちりと徐行し「OKです」と合図を送るまで、見つめられちゃいます(照)。

 子ども達からみたらヒーローのお兄さん風といったところでしょうか。仮面ライダーやったらぴったり似合いそう♪

 


泥んこでも爽やかです!
サイドバイサイドで攻めつつも
無理はしません・・・!?
 
ガレ場は無理せず足で漕ぐ!
長丁場だから無理は禁物!!

 

■ 奇跡的な出来事!?

 無事にレースが終了し、次々にチェッカーを受けるライダーたち。私たちも2時間の緊張がとけてホットしたところに「落し物をしたのでコースに入っていいですか?」という人が…。

 よくある落し物としてはゴーグルとか、外装パーツが転倒時に外れたなどが多く、運がよければマーシャルが拾ってくることもあるのだけれど、今回の落し物はなんと「ネックレス」。

 それを聞いた瞬間に「それは、見つからないでしょ…」と私たちスタッフは思いました。

 なんせ、泥んこのコースで何台ものバイクが通り、場所によっては木々が落ち、ラインだって変わっている。そんな場所でネックレスを探すのは至難の業。

次々とフィニッシュする選手たち!!
この笑顔が良いですね!!

 きっととても大切なものなのかもしれないけれど、効率よく探せる手立てもなく、コースを歩いて探してもらうことに。といっても探すことも気休めにしかならないと思っていたら、なんと見つけました。夕方のバーベキューの準備をしていたら、スタッフ伝いで「ネックレスが見つかった」という情報が!! 

 すごい!奇跡です。だって想像してください。エンデューロコースでネックレスを探すんですよ。それもウェットコンディションのコース。勝手な想像ですが、きっと彼女からのプレゼントなんでしょうね…愛の力ですね♪きっと!本当に見つかってよかった♪
 お陰で、夕方からのバーベキューは心置きなく楽しめました(笑)。色々なドラマが詰まったエンデーロレース、また来年が楽しみです。また、皆さんも遊びに来てくださいね♪待ってまーす!!

   
このページの上部へ戻る
SITE MAP Copyright (C) 2007 Trial promotion All Rights Reserved.